そもそもを知るツール  お味噌作り

2月8日 ことはじめの日です。

1月1日お正月を中心に12月8日を「ことはじめ」

2月8日を「ことおさめ」と呼び

お正月にまつわる行事の始まりと納めるときとして

昔の人は認識をしていたようです。 

と、同時に農業をする人達にとっては2月4日の立春を境に

農業の準備を始めるので、2月8日を「ことはじめ」と呼び、

収穫が終わってお正月の準備を始める12月8日を

「こと納め」と呼んだりするそうです。


さてさて、

春のエネルギーが流れ込み

新しいステージで仕事をはじめる時がきました。


農家さんはここから秋に収穫したお米や大豆を使って

お味噌やお醤油やお酢を仕込みます。


発酵の力は春から夏に向けて活発に働きます。

地球が体感するエネルギーは

上昇から拡散へと変化するのがこの春から夏のときです。

太陽と地球の関係で日は高くなり

温度も高くなってきます。

この変化の力を使って大豆が発酵し変化していく

これがもっとも自然の摂理を使ったお味噌の作り方です。


夏至で夏を迎え

今度はエネルギーは反転し

上昇から下降へ、拡散から集中へと変化します。

この力は発酵を促す力より、より充実させる

落ち着かせる、熟成させるエネルギーへと変化します。


秋分で昼と夜の時間が同じになり

ここから冬至に向けて

より集中のエネルイーが高まっていきます。

お豆が旨味を作り出す時間だと、思います。


そんな循環を1周したお味噌やお醤油は

1年間の自然の巡りを体感したものになります。

そんなお味噌やお醤油を食すると

カラダはその巡りを感じ、そもそも人が持っている

自然治癒力やリズムを育てるのです。


だから・・・・

お味噌やお醤油を仕込むのは今が一番いい時なのです。


近代化、機械化が進んだ現代では

温度を管理しているので、いつでもお味噌やお醤油を作ることが

できるようになりました。

これは間違っているのではなく

人が作ったもの・・・といった感じです。


自然界のリズムに沿って作ったお味噌やお醤油は

自然界の恵みで生命力が高いものと感じます。


いいお味噌の選び方を教えて欲しいと言われた時

私の基準は自然界のリズムを体感できるのかどうか・・・

を判断基準にします。



昨日はビオマルシェさん主催のお味噌作りが開催されました。

簡単でできる・・・は初心者の人のハードルを下げるので大賛成。

今回はお味噌作りのキットを使わさせていただきました。



茹でた大豆と麹とお塩、そして保管用の容器がついてきます。

大豆を茹でる手間が省けているのでちょっと時間短縮です。


大豆を潰すのはいろんな方法がありますが

私はすり鉢を使います。

大豆を観察しながら、ゆっくりゆっくりと

大豆を潰します。

この時間が自分と大豆がひとつになっていく

そんな感じを体感できます。


お料理を作る時この体感が味を育み

喜びを引き出します。


お豆を潰す・・・

その時間の中でたくさんのことを感じることができるのです。

このお豆さんが麹と出会って変化するんだな〜っとイメージしたり

麹と塩を手で混ぜながら気持ちがいいな〜と感じたり

そんな時間のでお味噌と私たちが出会って

そしてそこから育てていくのです。


そんな感覚をお料理で育むことができて

そんな感覚は頭=脳ではわからないことを

手で触ったり、香りを感じ、音を聞くことで

私たちの体感値は上がっていくのです。


他の命の情報を私たちは手で触ったり

五感を使うことで感じ取れるのだと思うのです。

それは科学では説明できにくいけれど

直観力やイマジネーション、そして感受性という

人としてとても大切なものを育んでいる時間になると思います。


実際体験してくださった方からは

「お味噌作りがとっても楽しかったし、それ以外に

素敵なものを手にいれたそんな感じがします」

とか

「去年はなんだか大変と思ったお味噌作りが

今日は楽しく感じたし、育ててみようと思います。」

とか

「すり鉢を使って潰したのがよかった」

の声を頂いています。


そう。体感すると人はわかるのです。

本当に大切なものは何なのか

自分は何を求めているのかを・・・


お料理はコツや技術だけでなく

そもそも

命を育む

命を大切にするということを

感じる術だと思うのです。


そしてそれを体感できるとっても素敵な方法だと思うのです。


意識をする

体感する

そして自分を知る

その繰り返しで人生を重ねていくことが

ここから迷いのない人生を作ることに欠かせないアイテムだと思います。


暦を意識する

この暦は人が作ったものではなく

太陽と地球の関係

そして月や地球を囲む惑星や星座たちの流れを意識すると

体感が変わってきます。


そして土からの情報を

水からの情報を摂り入れるという意識をもって

食することやお料理をすることで

自分の情報を自然界と境目がなく

ひとつを体感できるようになるのです。


2月11日は建国記念日

この日、獅子座の満月を迎えます。

獅子座の満月を迎える時

私たちの中に眠っている「尊厳」「誇り」などがに

フォーカスされやすい時

日本人としての尊厳や

日本人としての誇りが

目覚めやすいときになりそうです。


そもそもを知ること。

それは私たちの尊厳や誇りを育むことに

繋がっているのです。


そもそもは自然界の流れを感じることから

情報として入ってくるのです。


獅子座のエネルギーについてはルミナさんのブログを

ご覧ください。


今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

そもそもを一緒に体感できる日を楽しみにしています。

ありがとうございます。♡一粒万倍  お料理びと nakamIe


天空のメッセンジャールミナさんとコラボイベントのお知らせ。

お席少し増やしました。

そもそもを体感する素敵なセミナーです。

これからの人生に繰り返し使える宇宙の法則伝授セミナー。 

純度100%のわたしを生きる。 

2月21日(火)伊勢 神宮会館で宇宙セミナー開催! 


 今年、創造性を発揮して宇宙エネルギーで生きたい方へ。 


♡ 神話語り、神力車の山田祥平さんをゲストに 

2017年の宇宙の法則、構造、仕組みを知り、

今年の輝きをサポートするエネルギーを 食べ物と二十四節気の過ごし方で知る。

直感を目覚めさせるワークなどなど・・盛りだくさんです。

http://www.lumina.site/2017iseshima


大地と宇宙(sora)の愛をもっと感じるLesson

自然の摂理を取り入れて古き良きものを大切にし未来に結ぶ。 畑の10年後のために。 10年後のカラダのために。 食べることと、お料理することを考える 食べることと命を育むことを 食べることと豊かに生きることとつながっている そんなお料理について語ります。

0コメント

  • 1000 / 1000