暦を取り入れた暮らし方  お味噌作り



暦は雨水の頃

雨が雪に変わって雨音で

冬眠している動植物達に春の訪れを知らせます。

そして、3月の5日上弦の月と共に啓蟄を迎えます。

啓蟄は冬眠していた動植物達が目覚めて活動を始める時です。


熊は冬眠から目がさめると

最初に蕗の薹を食し冬眠の間に使わなかった

余分なエネルギーを溶かすと聞いたことがあります。


この頃、ちょうど市場にも蕗の薹が出始めます。

ほろ苦い苦味が春のエネルギーを体感させてくれます。

栄養学的に見てもカリウム成分を多く含むので

体内に溜まっている塩を排泄する力を取り入れられることに

なります。また苦味の成分のアルカノイドは肝機能を強化し

新陳代謝を促進する力となります。

春は肝機能のケアーに適した季節なのですし、

新陳代謝も高めていきたい時なので蕗の薹は

春のエネルギーを取り込むのに

オススメの食材です。

そんな蕗の薹を使ったレシピ。

クックパッドにアップしました。ぜひ、参考にしてみてください。




太陽と月と地球そして星の位置関係は

私たちの暮らしにとても影響を与えています。

この影響を昔の人は暮らしの中に取り入れて様々なことを

行っていました。


その頃は科学的証明やエビデンスではなく

体感値

経験値

が全てだったのかも知れません。


先人たちは暮らしの中で体験や経験から

暮らしの巡りを発見し、継続してきたのでしょう。

それが今の私たちの暮らしの中でもとても大切に継続されているのだと

そう感じています。


例えば・・・

お味噌作り。

今年の2月、3月でとてもたくさんの

お味噌仕込みをお手伝いさせていただいています。




そもそもお味噌とは

大豆と塩と麹を出会わせて1年の自然の巡りを体感させて

大豆が変化してできるものです。

大豆を発酵させるのに必要なお塩と麹を出会わせます。



春のエネルギーは芽ぶく力がこの地球上に働きかけます。

太陽と地球の関係で言えば冬至で昼の時間が一番短くなり

そこから反転して昼間の時間が長くなっていきます。

昇る、高くなる、上昇する

そんな力が働きます。

春分が来て、春と夜の時間が同じになり

そこからは加速してもっと昇る、高くなる、活発になる

そんな力が働きます。

この冬至から、春分までの間が

大豆が自然発酵するのにとっても適した時になります。




そのあと、立夏を過ぎて夏至までは

エネルギーは活発に動く力が多くなるので

どんどん大豆が発酵していくことになります。


夏至を通り越すと太陽は今度は反転して

どんどん昼間が短くなっていきます。

ここからのエネルギーは

落ち着くエネルギー、熟成させる力へと変化していきます。


この自然の巡りの中で出来上がったお味噌は

大豆と塩と麹とそして自然の巡りで出来上がる

そんなお味噌になります。

この巡りを3回体感させると、そのお味噌は

もっとも調和を体感することができると昔の人は言いました。




自然界の巡りを取り込んだお味噌は

私たちの体の中の巡りを助け

そして、何よりももっともナチュラルなものとして

出来上がるように思います。


私たちのカラダはそもそも

自然の巡りを体感し変化するように出来上がっています。

その巡りが順調だとカラダもココロも

快適になるのです。


人は巡りを順調にするために様々な

工夫を暮らしの中で行うようになっています。

現代社会はその巡りを体感するときに

自然の巡りとは別のところで

体感するそんなものが多くなってきています。

それは人間の素晴らしい知識なんだと思います。




人って素晴らしいですよね。


それでもその中で、頭ではまだわからないことや

理解できないことが

この毎日の中にはたくさんあります。


そのことを体感するために

自然の巡りを取り入れて暮らすと

カラダも思考も必ずと言っていいほど変化します。


それは、そもそも私たちがこの時代

この地球に生まれてきた時に

自分が生きるために持って生まれてきた情報だから

なのです。


それが知恵の部分にあたります。




知恵は自分の中から湧き出てくるようなそんなものです。

その知恵は自然の巡りを意識した暮らしを重ねていくと

確信が持てるものに変化します。


その確信は情報としてやってきたりします。

例えば・・・・自分と同じことを思っている事を

言っている人がいるとか

たまたま読んだ本に自分が思ったことの確証が取れる

記事が書いてあるとか・・・・です。


そんな事を繰り返すと

自分から湧き出てくるものは自分にとって

必要な情報であるという確信がもてるようになります。

もしもその湧き上がってきた知恵が妄想や思い込みの場合は

結果で知ることができます。

違えばまた、自然の巡りを意識すると変化します。


私たちは自分で生きることは

誰よりも自分が知っています。

何が、得意で何が不得意かもわかります。

そうすると、自分が何をやって、どこを助けてもらえば

いいのかもわかってきます。


その結果は自分の価値を誰よりも自分がわかり

たくさんの人と協調(共振)して生きていくことができるように

なるのです。




宙(SORA)模様は上弦の5日まで

2017年の実現したいことを言葉にするとより

力が増すそんな模様だそうです。


自然の巡りを意識するということは

そもそもの自分を理解するということになるのですよね〜。


そしてその自然の巡りを取り入れた暮らしは

先人たちの知恵がいっぱい詰まった宝の山のようなものです。


機械的なもの

便利なものを取り込みながら

自然の巡りに逆らわない暮らし方が

ここからの毎日を豊かにする暮らし方になるのだと思います。

そしてお料理を作ること、食べることは自然の巡りを

体感し取り込める具体的な方法なのです。


今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

あなたの暮らしに自然の巡りと暦が少しでも役に立ちますように。

感謝♡一粒万倍

お料理びと nakamIe


クラスのお知らせです。

自然の巡りを取り込むためのそもそもを知る講座

ベーシック and MARCONI 講座

3月開講日決まりました。

定員は10名

詳細はこちらをご覧ください。

https://miesrecipe0962.amebaownd.com/pages/411320/page_201604092126






大地と宇宙(sora)の愛をもっと感じるLesson

自然の摂理を取り入れて古き良きものを大切にし未来に結ぶ。 畑の10年後のために。 10年後のカラダのために。 食べることと、お料理することを考える 食べることと命を育むことを 食べることと豊かに生きることとつながっている そんなお料理について語ります。

0コメント

  • 1000 / 1000