明日の満月は、またまた
新しい扉が開くチャンス。

自分を信じるために
限界まで頑張ってみる。

私はちょっとMかも、、笑

大地と宇宙(sora)の愛をもっと感じるLesson

明日の満月ははちょっとM的な話。 限界までやるとき。

マクロビ的一汁三菜

全粒の穀物を主食とし

季節の野菜をまんべんなく

生の野菜を少々

豆製品海藻を取り入れ

お茶代わりに飲めるお味噌汁かおすまし


この食事がそもそも私たちのカラダとココロを育むのに

効果的とお伝えします。


秋の集中のエネルギーを取り込んだ

炊き込み御飯。ここに大根、ごぼう、人参、レンコン

そして干し椎茸に高野豆腐が入っています。

白和えにはりんごと胡桃そしてお味噌で味付けをしました。

栃尾揚げには生姜をたっぷりとのせて

おすましは昆布で引いたお出汁に海苔とおネギをいれました。


ハーモニーミールはカラダとココロのストライクゾーン

食べるとなんだか懐かしくホッとするそんな食事です。

毎日でなくてもいいから

ちょっと疲れたとき

自分を見失ったとき

そんなときに食べると「そもそも」を思い出すことができる

そんな食事です。


13日に開催した「ベーシック and MACROBI 」の講座は

私たちの命の「そもそも」を知る学びです。


マクロビオティックのイメージは

一般的には

「玄米菜食」だったり「陰陽」の世界。

そうそう。その通り何だけと

ちょっと違う。

「マクロビオティックでは食べていけないものはありません。」

そうそう。その通りなんだけど、やっぱりちょっと違う。


マクロ=大きなとか最も大きなという意味

ビオス=生命とか命という意味

ティック=方法とか技術とか術という意味

直訳すると

「最も大きな命の学問」

昔はこれを

「長寿法」とやくしたり「長く生きるための健康法」と

使っていたり・・・・


この学問を私たちに導いいてくださった

桜沢如一先生はそもそもこのマクロビオティックは

単なる健康法としてではなく

人が生きるために必要なこととして

人が平和なココロで生きるための指針としてこのことを

伝えてくれていて

久司道夫先生は世界が平和になるための指針として

食べ方や考え方そして生き方を伝えてくれています。


人が平和なココロを育むためにまずは健康なカラダが必要である

ということで病気に対するアプローチが多くなっているけど・・・


何を食べるとか

善悪でものをみるのではなく

本来のあり方を知る

ということが大切なことだと想うのです。


人はね・・・・

そもそも、ひとりひとりその命を生きるために

生まれてきていて

与えられた環境や人間関係で

いろんなことを感じたり、学んだりしていきます。

わたしはそのことで最後にいきつくところは

なんではないかなとそう思って毎日を重ねています。


人生の中で

理不尽に思うことや

自分が傷つくこともたくさんあって・・・・


実際、最近また理不尽で本当に嘆きたくなるような

出来事に遭遇して・・・・そしたら凹むわけです。


「なんでだろうって」

「どうしてこうなるんだろう」って


そしてそこに対人がいたりすると

その人をちょっと嫌だなって思ったり

嫌いと思ったりする感情が出てきて

自分をわかってほしいとか

わたしを大切にしてよ・・・とか


ま、55歳になってもそんな感じなわけです。


ただ・・・・

愚痴愚痴言ってても何も変わらないから

自分を探求するわけです。


「今、必要なことは何か」

「今、何がしたいのか」

「自分は何に傷つくのか」

「わたしは一体何をしたくて毎日を重ねようとしているのか」


これの作業は結構、どM的に

自分をいじめたり、自分にダメ出ししながら・・・笑


それでもそこから見えるのは

光なんですよね〜。

これが・・・。


今日もまた生かされていることや

何かできることがあるということ


優しくしてくれる人や

助けてくれる人を思い出したりして・・・・


「そもそも」わたしは愛を感じるために今ここにいるんだ

って思えてくる。


本当は愛はいつもそこにあり

いつも守ってくれているのだけど

見失いそうになると

そうやって出来事を通して教えてくれる。


「あなたは愛に守られていますよ。」って


〜いいな・・mIeさんは愛に守らていて〜と思ったあなたに・・


すべての人が愛に守られているんですよ。

これはすべての人がなのです。


守られ方は色々

気づき方もいろいろだけど

選んできたその人生を精一杯楽しめるように

愛はすでに送られているのです。


どうやってかんじていくかというと・・・

昔の人はその愛を空を見上げて

星の動きや月の動きで感じてきたわけです。


それがみんなが知っている言葉で言うと

星占いだったりします。

わたしの言葉に置き換えると「星読み」「月読み」です。

明日、10月16日おひつじ座満月。

そこからやぎ座下弦の月に切り変っていきます。


ひとつのことが完結して新しい扉があく

そんなメッセージが来ています。


また新しい扉が開くのです。

そう。人生は毎日繰り返しながら進化するので

ずっとずっと新しい扉が開いていくのですよね。


この時代は、今までと少し違って

本当にやりたいこと  わたしはこれを魂が決めてきたこと

と表現します。


今までは決められたレールに乗っていると

ある程度幸せが確保できた感じ・・・

から、自分の好きなことをやっていい時代

だからこそ、自分が何をやりたいのかをしっかりと

見つけていないと、元氣がなくなっていく時代です。


自分が何をやりたいのか・・・

それをまた考える週末になりそうですね。


限界まで考えろ!!

これが「星読み・月読み」のルミナさんからのメッセージです。

詳しくはこちらを読んでみてね。



話を元に戻すと・・・

そんな風に自分が本当は何をやりたいのかを見つけるとき

できるだけ余分な情報は手放したほうがいい。

自分がいるものをたったひとつ選ぶなら・・・・

と、考えてみる。


その思考回路を手に入れやすくするのが

実はハーモニーミール

そもそもの食べ物なんです。


今週末は一汁三菜をよく噛んで食べてみると

また、新しい自分を発見できると思いますよ。


今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

感謝♡一粒万倍


そもそもを知るために

ベーシック and MACROBI 講座はとってもオススメです。

次回は11月12日(土曜日)19日(土曜日)です。


そして、もっと自分を知りたい人には

フードレメディ講座 初級をオススメします。

秋のクラス始まりました。まだお席があるのでピピっときた方は

ぜひ、ご参加ください。


共に詳細はこちらをごらんください。


お問い合わせ・お申し込みはこちらまで

mdcooking@miesrecipe.jp


お料理びと naka mIe


https://miesrecipe0962.amebaownd.com/posts/1488087

大地と宇宙(sora)の愛をもっと感じるLesson

自然の摂理を取り入れて古き良きものを大切にし未来に結ぶ。 畑の10年後のために。 10年後のカラダのために。 食べることと、お料理することを考える 食べることと命を育むことを 食べることと豊かに生きることとつながっている そんなお料理について語ります。

0コメント

  • 1000 / 1000