今を生きると自分らしく生きれるという方便

1月28日に旧暦の新年を迎えましたね。
水瓶座の新月は
枠を超える、、事への応援が入って
いたそうです。

だから枠を超えてみました。

少し長くなりますが・・・書いてみます。


太陽と地球の関係では
冬至に日照時間が一番短くなり
そこから、また、新しいサイクルが
始まっています。

2016年はどちらかと言うと
今度蒔く種を決めるために
今度種を蒔く畑を決めるために
私はいったい何をやりたいのか
私はいったい何処に行こうとして
いるのかを知る為の出来事を
たくさん体験する、、そんな
時間がたくさん重なるように
導かれる一年でした。

あ〜わかる、わかる
私も去年はそんな一年だった、、と
言う人も多いのでは?

2016年で何らかの変化が
起こり、今までとちょっと違う
そんな感じ。
その感じを大切に観察すると
自分の種や、そもそもが
感じたり、具現化してくる時です。

私はお料理を作る事が好きです。
でも、どちらかと言うと
美味しいものを食べる事にあまり興味がない、、
(苦笑)

と、言うことに今更ながら再認識しました。


じゃ、なぜ、お料理を作るのか、、
何を大切にしているのか、、を
観察してみると、、

食べる事が
生きる事と繋がっていると感じて
いるから、、

食べる事は
カラダとココロを育むと知って
いるから

そして、お料理をすることは
食べ物のエネルギーを
作る術であると気がついたから

お料理をすることは
自由に生きるための基礎を

作る方法として、とっても具体的で

誰もができること
そして、生きるために一番
直結している事と言う事に
気がついたから

お料理を作りたいし、
お料理を食べてもらいたいと
そう思うのです。

私はこの事に確信を持つための
1年を重ねたんだなぁ〜と
そう思って今日を過ごしています。


どんなことがあっても守ろうとしてきた

表参道のサロンを手放したことも

20年かけて積み上げてきたプライドをすてて

できることからやってみようと思えたことも

許したくない、許したらきっと自分が壊れてしまうと

思っていた出来事をゆるせたことも

全部、全部、今の私を知るための出来事だった。



時折、Facebookで流れてくる
料理研究家の皆様の情報やお写真を
眺めると、、
私は料理研究家と名乗って
いいのかしら、、と
そんな風に思ってしまうぐらい
そこに私にとっては居心地が悪く
自分が萎縮してしまう事を感じ
料理研究家が自分には似合って

いない、、、と認識しました。


料理研究家と名のると

そう見られるから
そこにも違和感があり、

私らしく生きれる場所は料理研究家の枠組みではないと

自分の居場所を探してきました。


だから、自分でなんとなくフィットする言葉を

作ってみました。

それが

お料理びと
お料理をつくる人
という肩書き

そして

フードレメディストという
ネーミング

食べ物はカラダやココロの不調を回復させる

力をもっています。

そんな知恵を身につけお料理を作れる人

そんな人をフードレメディストと呼ぶことにしました。


お料理びとは
ただお料理を作るのではなく
食べてくださった人が
そのお料理を食べたことで
自分で何かを感じ、気づき
自分の人生に変化を起こす、、
そんなお料理を作るひと
食べた人が感じ、食べた人の
カラダが変化したり
感じ方が変化したり
魂が喜んだり、、

言葉には出来ないけど
感じて、、何がかわる
その変化は、その人の生き方が
そもそもに戻ろうとする
気づきを与える
そんなお料理作ります。

だから、お料理びととなる私は
概念にはとらわれずに
あるがままを受け取れる為に、

自分を磨きます。


自分の意志ではないけど自分の意思である

限りなく宇宙=自然界と繋がる

そのままのエネルギーの調和を具現化する事

それが私が目指し、作るお料理です。

そんなお料理は
食べる人によって感じ方が
違います。

美味しいと思う人もいれば
違和感を感じる人もいます。
味がないと感じる人もいます。

それでも、、、
共通しているのは、
その後に、それぞれ何かを感じ
変化が訪れます。

言葉にできる方からは
「何だか懐かしいものに出会った
そんな気がします。」 
とか、
「明日からちゃんと生きてみようと
思いました。」
とか、
「あの日から運気が上がったよ」
とか、
「会社の雰囲気が良くなりました」
とか、
「パートナーとあ、うんの呼吸が
とれるようになって、気持ちが通じあうようになりました。」
とか、
「仕事を変えて自分らしくなりました」
とか    etc etc

言葉に出来ない人は
ただ、ただ、涙を流す方
カラダが熱くなる方
あくびが止まらなくなる方

わからないけど、無性に食べたくなる
とか、、、
体重が減ったとか、
眠れるようになったとか、
etc etc

お料理を食べるだけで
やっぱりこんなに違うんだな、、と
体感します。

そうそう、よくこんな言葉も
言って頂けます。

「なんかわからないけど、やっぱり違うんだよな、、美恵さんが作るお料理は、、」

って。

私が好きな小説
小川糸さんの「食堂かたつむり」
あの小説の世界が私のイメージ通り

悲しい人は喜びに変化したり
言葉でもなく
人の優しさだけでなく
励ましでもなく
食べて感じる事

お料理には
作り手だけでなく
自然界の恵み
火と水の土のエネルギー
たくさんの人の人生が
重なって調和を育む
それを具現化していく。
それが、毎日の食事の意味のように
思うのです。
だから、そんなお料理は
シンプルで、ややこしくなく
洗礼されているものがいい。

華美ではなく
華やかさがあるもの
派手ではないけど
美しいもの

そんなお料理は人生を創る
大切な素材になると確信しています。



そしてそんなことを感じる私は

今日まで積み重ねてきた様々な体験と経験から

出来上がった答えみたいなものなんだと思うのです。


言葉でもなく、知識ではなく

体感した事から、積み上げた事から出来上がった存在です。


許す事の難しさや

(一番難しいのは自分を許すということかな・・・。)

感謝することの素晴らしさ

(それはとても有り難いことから生まれてくるのだということ)

自然界は美しいものしか作らず

美しいものには摂理=ルールがあり

真理はひとつなんだと。

破壊と再生の体験を何度も繰り返して

手に入れた本当の私なのです。


ビジョンクリエーションでお世話になっているルミナさんから

「真理とは形になっちないものだから、私がしようとしていることが

形になりにくいのは真理に近いからと言われた事があるのよ・・・」という言葉に

私のやろうとしている事が中々形にならないのは真理に近いという事かしら・・・と

ココロ救われたり・・・

私の恩師・久司 道夫先生は

「人生は真理を学ぶゲームだから楽しまなきゃね」と教えてくださいました。

自然界を感じる

そもそもを知る

人生とは真理を学ぶゲームであり

その人が選んだ人生を誰に遠慮することもなく

もっともピュアに生き抜く姿が美しい姿であり

自然体なんだとそう思うのです。



最近、お煎茶のお手前のお稽古を 学びはじめました。 


この写真は お家元がお手前をご披露された 初煎会の時のものです。 

お家元は、お手前は 生きる術を学ぶための方便 つまり、

方法のひとつと教えて 下さいます。  


お手前の為に用意された この空間は、

宇宙=写真=神と 繋がるための空間 

稲と水引きの鶴と仏手柑で 飾られているのが結界で 

宇宙を表現した空間 床に飾られている書は 

「そしじ」

と読み 全ての根源を表し 

「愛」と「調和」と「平和」の エネルギーとして表現されていると 

教えて頂きました。 


本当に神様がいるのかは

 ひとり、ひとりの価値観なので 

その人が思うままに、、、 


ただ、お茶席として用意をされた その空間や、お家元の お手前は

とても美しく、無駄がなく 時空を越え

 現実世界から違う空間へ 移動したそんな体感を受けとる事ができました。 


その空間を創るために

たくさんの人が 日常とは少し違う緊張感をもち

 いつも以上に美しく歩き 

いつも以上にひと足、ひと足に 

意識をする。

 集中をする。 


そして、たくさんの人の想いとお家元で創り出された 

そのお茶のお味は涙がスーッと溢れ出すそんな お味でした。 


お家元は お手前に意味があるのではなく

型を覚えるその中で感ずること、

宇宙の真理を みつけることに意味があると教えて下さいます。


宇宙の真理とは 

平安な暮らし 

ひとり、ひとりが自分の使命をみつけ

喜びを感じながら生きることと 

教えて下さいます。 


私も、、お料理を創ることは 

ひとり、ひとりが平安な暮らしを

体現するための方便だとそう思っています。

その為に学ぶ型 

その為に知る自然の摂理 

その為に身につけるエネルギーの作り出し方なのです。 


健康になることも 

幸せになることも 

自分の人生を生きるための 学びだとしたら 


病気になることも 

不幸と思う出来事を体感することも 

また、自分の人生を生きるための学びなのです。


 その学びをより楽しむために 知っておいたらお得だな、、と

 思う事のひとつに 

生まれた意味を紐解くための 宙読みの知識 


そして 自分をコントロールする術 お料理の作り方 


自分をコントロール為るためのココロの扱い方 


宇宙と自分をつなぐ 自然の摂理=リズムなのです。


 今までは、 カラダとココロの為に 皆様にお料理や食べる事を 伝えて来ました。

 2017年は ひとり、ひとりが、 この人生をかけて楽しもうとしていることの

お手伝いが できるためのお料理の作り方と食べ方を語り継いて生きたいとそう思っています。


できるかな・・・という不安も

これで伝わるのかな・・・という心配と恐れも

水瓶座の新月のパワーを使って

手放すことができました。


あとは・・・語り継ぐだけです。

一番やりたいことが見つけられた時

太陽からの祝福を感じれる写真が撮れました。



さ、時代は動き始めています。

躊躇なくあなたがやりたいことを

やり続ける。

そのための方便を手に入れてみましょう。


私はお料理という方便と自然界の摂理を理解し

そもそもを知ることで

みなさまのお手伝いができると思います。


今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

感謝♡一粒万倍

お料理びと naka mIe


♡お知らせ♡

2月21日(火)伊勢 神宮会館で宇宙セミナー開催! 

宙模様・ビジョンクリエーションでおなじみのルミナさんとのコラボセミナーが決まりました。

神話語り、神力車の山田祥平さんをゲストに 

2017年の宇宙の法則、構造、仕組みを知り、

今年の輝きをサポートするエネルギーを 食べ物と過ごし方で知る。

直感を目覚めさせるワーク。 これからの人生に繰り返し使える宇宙の法則伝授セミナー。

 もう人生に迷わない。近日募集開始!


◉家庭で作る日本のお菓子シリーズ

 〜今年のバレンタインはチョコ餅 de LOVE〜

お申し込み受付中 2月8日に求肥作りを学ぶお教室を開催します。 

求肥づくりを学びながらバレンタインお菓子を作りましょう。 



2月3日の節分は毎年大好評の

玄米の恵方巻を販売いたします。 

一粒万倍のパワーを持つ玄米と七福神をイメージして7種類の具材を巻き込んだ巻き寿司です。

中に入っている甘い胡桃が後を引く美味しさです。

♡ 1本 ¥1,080 ♡

受け取り場所 :nanadecor(ナナデコール)

 東京都渋谷区神宮前4−22−11 

受け取り時間:12時〜19時 


♡ご予約は♡

お名前 ・ご連絡先 ・本数 ・受け取り時間を書いて下記のアドレスまでお申し込み下さい。

 mdmajyo@miesrecipe.jp 


この日はand cafeもオープンしておりますので、

巻き寿司以外のお料理も召し上がっていただけます。 


さらに、夜はイベントします。 

いっしょにごはんを食べよう〜恵方巻き〜 



 ◉今からでも間に合います。

「宝くじが当たるよりも嬉しい、知っておくとお得なことを学べる」と毎回大好評のクラス。

「フードレメディスト講座」

「ベーシック and MACROBI」

「My organic Note セルフヒーリング編」 


それぞれ募集中です。

 https://miesrecipe0962.amebaownd.com/pages/411320/page_201604092126 


感謝♡一粒万倍

ありがとうございます。


大地と宇宙(sora)の愛をもっと感じるLesson

自然の摂理を取り入れて古き良きものを大切にし未来に結ぶ。 畑の10年後のために。 10年後のカラダのために。 食べることと、お料理することを考える 食べることと命を育むことを 食べることと豊かに生きることとつながっている そんなお料理について語ります。

0コメント

  • 1000 / 1000