なるべく人になるために  宇宙からの愛を体感する



23日の獅子座の新月に向けて

そして、2017年の後半に向けて

自分が本当にやりたいことを

自分が本当に好きなことを

やることを選択するエネルギーが

宙から降り注がれているようです。


その力を借りて

新月には何か新しい自分スタイルが

見つけられるといいですね。


新しい自分スタイルを見つけるときに

遠くをみるよりも

足元を見ることを

大切にするといいかもしれません。


人生そのものが

自分をクリエーションする

舞台なので、

幾つになっても自分を旅することが

楽しめるスタンスが

人生を豊かにするように思います。


人生今年で56歳

太陽星座が蠍座の私は

12年に一度の大幸運期。

たぶん私がより

私のなるべく人になるための

出来事が起こる

そんな

2017年後半になりそうです。


人生に無駄はなく

なるべく人になることに

気がつくようにいつも

歩いているのです。



ビジョンが見えなくても

何もわからなくても

人生は

あなたがなるべくひとになるために

歩いています。




ここからはちょっと長くなるので

興味のある方だけ読みください。


子供の頃からなんとなく

変わった子で

人と一緒が嫌いでした。


何も取り柄のない私でしたし

どちらかというといじめられるタイプのそんな女の子でした。


それでもプライドだけは高く

みんなと一緒は大嫌いでした。


私はみんなとは違う感覚と

私は必ず有名になる・・・という感覚を持ち合わせた

本当に変な子でした。(笑)

今から思えば太陽星座の蠍座の影響をうけていたのかもしれません。


そんな私の小さい頃の憧れの職業は

幼稚園の先生

絵本作家

アナウンサー

秘書

歯医者の受付

そして

女社長


でした。

笑っちゃいますね。


そんな私は

大学を卒業したら幼稚園に勤め

その後

リクルートで二人の

編集長の秘書をし、


そのあと歯医者の受付

その後心理カウンセラーの学びを得て

企業で働く女性の

ストレスコントロールの

仕方を伝えていました。


その時に最初の本

「笑顔の創り方」を出版


絵本作家にはならなかったけど、

本はここまでに11冊出版させていただきました。


アナウンサーにはならなかったけど

ラジオ番組を1年間

担当させてもらったり

講演会は大き時は月に

10本お話しさせていただきました。


そして・・・・社長に。

これは、あまりむいてないことで、

今の社会の枠組みでの社長はやらないほうがいいという

大きな学びをすることができました。


なりたかったものには99%なり

手に入れたいものも99%手に入れた人生です。


叶わなかった夢は

おかあさんになること


そして、夢にもおもわなかったのは

料理研究家になることです。


人生って面白いものです。


そんな人生の中で様々な体験をして

私が見つけ出した答えで

ずっと変わっていないことがひとつだけあります。


それは

女性が幸せになることが

世界を変えること

女性が輝くことが未来を

輝かせること


このことだけはずっとずっと

変わってなくて

その表現や手法が変化してきました。


今から思えば約30年前から

女性の幸せや、

女性が輝く社会について

ずっと考えてきたのです。


今でもその気持ちはかわらず

女性が輝くことが

あらゆる未来を輝かせると

思っています。


これが私のきっと使命なんだと

思います。


そのために、
私自身は自分を
大切にできない体験を

たくさんして、

子宮を痛めつけてきた

ようにも思います。


30代の頃

生理痛や子宮内膜症に悩み

軽い鬱状態の30代前半。

1年のうち半分は

死ぬことを考えていて

ある日、

「死ねないのなら幸せになりたい」

そう決めてから私はマクロビオティックに出会いました。


食べ物を変えたらカラダが変わる

カラダが変わると思考が変わる

思考が変わると人生が変わる


その体感をしたのがこの頃です。


40代の頃は

マクロビオティックを通して人生を

共にしようと

誓った人と結婚し、

それでも考えの違いや

生き方の違いに

いつも喧嘩が絶えず、


そんなパートナーには

いつも別の女性がいて、、、

流産を体験し、

子どもを産めないことを悩みました。


それでも、感情と食べ物の関係や

内臓と食べ物の関係を学んでいたので

苦しいながらも、

自分をなんとか立て直すことを

身につけていたそんな日々でした。


0からはじめた仕事だった。

気がつけば大きな形へと変化し

会社にいけば、

私の知らない人が働いていたりして


でもそもころから毎日の会話は

資金繰りの話ばかりでした。


会社をはじめた時は

0からのスタートだったから

もちろんお金のことで苦労してたけど

やりたいことを形に

すればよかったから

毎日、大変だったけど

楽しかった記憶が残っています。


食べて欲しいから

ランチ会をして

玄米ご飯の炊き方を伝えたいから

お教室をして

家でも作って欲しいから

食材を販売して

遠くにいる人にも食べて欲しいから

レトルトを作ったり

通販会社を立ち上げたり

最初の動機はお金を作るためではなく

純粋にマクロビオティックを伝えたいことが動機だった。


そんな時神様からの最大のギフトが

久司道夫先生との出会いでした。


「お料理教室をやってくださいね。」

と言われた言葉に

「はい。」と言って

日本発の久司道夫先生の認定校を開講することになりました。


そこから約10年

久司先生のために毎日を重ねた日々でした。

(蠍座の性質ですね。本当に尽くしました。笑)


おかげで

会社も大きくなり

カリスマ講師 なんて言われて

気がつけば30人以上のインストラクターの

人たちが学校を運営するようになっていました。

女性が輝く職場・・・を作ることができた・・・と

そう思った瞬間がこの頃です。


そして・・・・その頃から

マクロビオティックを広げるという情熱より

ビジネスを展開するが思考のほとんどになりました。


これが私と私の前パートナーとが

毎日のように喧嘩する原因になりました。

何かが噛み合わず、

自分のやりたいことや

自分の意思とは違うものが

出来上がっていく

そんな感じのする毎日でした。


でも、幸せを手に入れたと思っていた頃です。


私のプライドで

最後の力を振り絞って

表参道にクッキングサロンを

出店しました。


そのことがきっかけで(詳しく書くととってもながくなるので簡単にいうとです。)

久司道夫先生から破門を言い渡され

今後一切、

久司道夫の名前を使うことを許さないとまで言われる体験をします。


宇宙はいったい何をするのやら。(笑)


私にとっては不本意だったけど

今から思えば

今日を生きるために必要だったこと。


でもこのことは今でも思いだすと

胸がぎゅーっとしめつけられる

出来事でした。


その次は離婚

これも信じられない出来事で



そして倒産  

これは一番嫌だったこと


そして・・・破壊。


笑います。
人生ドラマチックだね。
これも太陽星座が蠍座だからかしら。


最後のちからを振り絞ったサロンを手放すわけです。


本当にきつい何年間でした。

この間ルミナさんに聞いたら

この時がちょうど30年に

一度の大転換期だったそうで

30年に一度の学びの3年間だったそうです。



いや〜本当によかった。

と胸をなでおろしました。

あれより辛い体験が待っているかと

思うと

死んじゃいたいとまた思うくらい

辛くて悲しい3年間でしたから。


何もなくなった

誰もいなくなった


そんな体験をした50代前半でした。


そこから重ねた日々は

自分が自分で無くなる感覚と

無理をしない本当にやりたいことだけを

選択することを大切にしたそんな日々でした。


気がついたら今日を迎えていました。


55歳になったいまは

更年期と言われる時を体感しながら

女性と男性の違いを体感しています。


フードレメディのお食事と自然の摂理を摂り入れた暮らし方の

おかげで更年期障害はさほど私を苦しめることなく

体調の変化と、人生の転換期を迎えているのだと感じています。


今年は12年に一度の大幸運期の流れに入る時

ここから始まる新しいステージに向けて

私自身は随分と準備を重ねてきたとそう感じています。



女性が女性として生まれてきたことを

宇宙の摂理から体感して

自分の人生の意味を紐解いていく

それが今私が体感していることです。


時代は変化しています。

社会の仕組みもきっと変化していくのだと

感じています。


女性の生き方で、地球の未来が変わるという確信と同じく

私がここまで生きてきた中で

変わらないことがもうひとつあります。


それは、人生は自分がイメージした通りに

実は動いているということ。


その確信を持つために

私たちはある段階を経ているように思います。


具体的な物質的なものを手にいれる体験

そして

自分の気持ちや感覚を満たすための体験

自分を満たし

自分の身近な人を満たし


その体験の学びをしたら

その次に

志を果たすために生きる

それをビジョン化できるようになていくのです。


それは自分だけでなく

日本だけでなく

世界中への愛へと変化し


それは宇宙への愛へと変化します。


宇宙への愛を自分の中で見つけることができたら

宇宙からの愛を体感できるようになります。


私たちはひとつから分かれてきた光であり

人生を終えた時

そのひとつへとまた戻っていく


そして形を変えて

また分かれてくる

その繰り返しです。


肉体をもって存在する価値

人として存在するからこそ

体験したり学んだりすることがあります。


そして、肉体をもって人生を楽しむために

食べることはとてもカラダとココロに影響を

与えています。


と同時に


自分で選択できる

一番日常的な行為が

食べるということです。


そして食べるものをクリエイトする

自分に必要なエネルギーをカラダに取り込む

術がお料理なのです。


食べることの目的も時代に合わせて

進化し変化してきました。


生きるために食べる

楽しみのために食べる

経済を活性化するために食べる

綺麗になるために食べる

健康のために食べる


ここからは

志に忠実に生きるために食べる

という食べ方が加わるように思います。


自分が自分らしく生きるために

そのために

感じるカラダとココロを発見するための食べ方


私たちがひとつから放たれた

光のひとつであるということを

体感することができる食べ方


ひとりひとりは

人生を楽しむために生まれてきたのだという

ことを体感する食べ方


そんなお料理を作りたい

そんなお料理を作れる人が

増えることが私の願いです。


そしてその術を女性が手に入れたなら

きっとここから先

未来はもっと輝くとそう確信しています。


2017年7月21日の朝

このことに確信をもつために

私の今日までの人生があったのだと

そう思うのです。


2012年7月26日に離婚

そこから約5年かけて

私は私らしく生きる1歩を踏み出すことができそうです。


私が伝えたいこと

私がやりたいこと

これからはそのことを大切に毎日を重ねます。

そしてそのことが新たな豊かさを生み出す循環に

なると実験したいと思います。


最後まで読んでくださってありがとうございます。

感謝♡一粒万倍

お料理びと nakamIe


お知らせ♡ 

 あなたがあなたらしく生きるために 

 知っておいたら絶対にお得な

フードレメディ講座

8月も開講します。

 詳細は

 https://miesrecipe0962.amebaownd.com/pages/411320/page_201604092126









大地と宇宙(sora)の愛をもっと感じるLesson

自然の摂理を取り入れて古き良きものを大切にし未来に結ぶ。 畑の10年後のために。 10年後のカラダのために。 食べることと、お料理することを考える 食べることと命を育むことを 食べることと豊かに生きることとつながっている そんなお料理について語ります。

0コメント

  • 1000 / 1000